資産活用・不動産活用|賃貸マンション経営|富士市・総合建設業
  • 0545-71-2150
 ホーム > 事業紹介 > 不動産コンサルティング事業
不動産コンサルティング事業
 
不動産コンサルティング事業
ウィルスタイルという選択。

あなたが、もしも、ごく平凡な家庭に育ち、サラリーマン生活の努力の末、 35年ローンで夢のマイホームを手に入れ、子供達も成人を迎え、 ようやくそのローンが完済する日が近づいてきたシニア世代だとしましょう。 あなたは、その後の老後をどのように設計しますか? 息子夫婦との「二世帯住宅」に建て替えて老後の面倒をみてもらうという選択。 土地・建物を売って有料老人ホームに住むという選択。 とりあえず、老後のために贅沢をせず貯金をして不安な毎日を過ごす選択。 これ以外にも様々な選択肢が考えられます。 しかし、もしもあなたが、「WILL STYLE」を建てるという選択肢を 選んだとしたら、その後の人生は大きく変わってくるかもしれません。 安定した老後を過ごすための「智恵とアイディア」が詰まった「WILL STYLE」だからこそ、 あなたの未来を明るいものにしてくれるはずです。

西尾組の提案 ① 一般的な「二世帯住宅」を建てない、という選択。
西尾組の提案 ① 一般的な「二世帯住宅」を建てない、という選択。

肌で感じることができない景気対策が続き、日本国内の財政難はますます深刻化しています。また、高齢化社会となった日本にとって、「税収」の見直しを図り、従来は大きな土地を所有する地主主体であった「相続税」の対象をサラリーマン世帯にまで拡げるという施策に転換しつつあります。それが、2015年1月に改正となった「相続税改正」の目的であると言われています。そこで、私たち西尾組の不動産コンサルティング部門では、約50坪の土地さえあれば、サラリーマン世帯であっても老後の不安を解消できる「土地活用」を提案しています。特に、近年増えている「二世帯住宅」に着目し、一般的な二世帯住宅を建てるのではなく、2000万円で2棟の戸建賃貸住宅を建て、将来を見据えた資産運用としての二世帯住宅を提案しています。

お父さんが考えた「二世帯住宅」の住み替えプラン(例)
お父さんが考えた「二世帯住宅」の住み替えプラン(例)
西尾組の提案 ② 「上質」×「快適」×「収入 住宅」という賢い選択。
西尾組の提案 ② 「上質」×「快適」×「収入  住宅」という賢い選択。

新婚世帯にとって、マイホームは家族の夢であり、幸せの象徴です。しかしながら、若い夫婦にとって毎月支払う住宅ローンは家計を圧迫する大きなファクターとなるため、賃貸住宅に住みながら頭金を用意するというのが一般的です。でも、考えてみてください!もし、あなたが賢い主婦だとすれば、豪華なマイホームを建てず、2棟のユニフォートを建て、1棟を戸建賃貸として他人に貸し出すことでローンの支払額が半減するだけでなく、35年ローンではなく、わずか15年でローンが完済してしまうという偉業を成し遂げることができます。土地さえあれば、銀行の融資もうけやすいですし、何よりもリスクが少ないという点で、金融機関の奥様への評価も高いはずです。

賢いママの選択
賢いママの選択
WILL STYLEは防音・断熱・調湿に優れた高性能・高耐久エコ住宅です。

断熱・遮音・調湿に優れた断熱材を使用(平成25年改正省エネ基準クリア 壁体内無結露20年保証)
WILL STYLEは建築コストを抑えつつも、高いデザイン性と住み心地に配慮した高性能な住宅を提供。
デコスドライ工法を採用し、「住み心地の基本である「断熱・遮音・調湿」の性能を持家戸建並みの水準で実現しました。
住宅の価格は「人件費」「材料費」で構成されています。
人件費は、「営業担当」「設計担当」「現場担当」「工事担当」など費用が掛かりますが、この各担当の費用を大幅に削減することが可能になりました。
材料費に関しても、すべての寸法を見直し、現場で材料の余りがでないように計算されています。
使用する材料も見直し、大幅なコストダウンに成功しています。

WILL STYLEは、広さや用途に応じて選べる 2 in 1 の戸建住宅です。

賃貸住宅、マイホーム、二世帯住宅に…
様々な用途に対応できる高性能デザイナーズ住宅
WILL STYLEは、戸建てタイプの[ユニキューブ]・メゾネットタイプの[エコパティオ]など広さや用途に応じた豊富なバリエーションをご用意。
40坪ほどの土地で、気軽に賃貸住宅経営を始めることも出来ますし、二世帯住宅として、インカム住宅として、幅広い転用が可能です。

狭小地・変形地でも、土地に合わせて効率的に配置できる
豊富なバリエーション
ユニキューブ、エコパティオをはじめとした豊富なラインナップをもつWILLSTYLEは、狭小地から大規模な敷地まで、変形地でも効率的に建物を配置し、高い土地活用効率を実現します。

ページの先頭へ