資産活用・不動産活用|賃貸マンション経営|富士市・総合建設業
  • 0545-71-2150
 ホーム > よくある質問 > 土地活用に関する質問
土地活用に関する質問
 
土地活用に関する質問
Question 01「50坪の変形地でも土地を売却せずに資産活用できますか?」

Answer 01
一般的に建造物を建てて良い土地であれば可能です。西尾組が提案しているウィルスタイルという「戸建賃貸住宅」のシリーズの中には、変形地でも2棟建てることができるよう考えられています。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。敷地を実際に拝見した上で、どのような運用が可能かを提案させていただくと同時に、運用面での資産シミュレーションも概ね提案できます。

Question 02「サラリーマンでも資産運用は可能ですか?」

Answer 02
一般的に建造物を建てて良い土地であれば可能です。西尾組が提案しているウィルスタイルという「戸建賃貸住宅」のシリーズの中には、約50坪の土地さえあれば2,000万円以下で2020年の省エネ義務化に対応した戸建住宅と同様のハイクオリティな戸建住宅が同じ敷地内に2棟建てることができます。もしあなたが、サラリーマンであったとしても、1棟を自宅として使い、もう1棟を賃貸にすることで住宅ローンの返済額が半減するだけでなく、約15年で住宅ローンを完済させることができ、15年後はいわゆる「不労収入」が得られるため、老後の不安は一気に解消できます。また、いざとなれば2棟を売却するという方法も考えられます。

Question 03「なぜマンションではなく、戸建賃貸がトレンドなのですか?」

Answer 03
マンションは、駐車場も含めると100坪以上の土地が必要になります。また、建物を建てる初期費用も膨大な資金が必要となるため、資金調達という点でも難しいと言えます。さらに、少子高齢化が深刻化している日本国内では、賃貸マンション物件の空室率が増え続けているという問題もあります。ただし、若年層の低所得化が進み、従来は一戸建の住宅を建てたり分譲マンションを購入していた年代が生涯賃貸住宅に住むという時代がやってくるという「賃貸需要」が見込めるという明るい材料もあります。その場合であっても、子供がいる夫婦は、憧れの戸建物件を賃貸として希望する人が増えることは間違いないと言えます。

ページの先頭へ